家族葬への準備

家族葬を考えた時に、家族内で話し合いをしておくことは大変重要です。なるべく生前に行うことが勧められます。生前ならば家族葬への希望や思いを比較的冷静に判断できます。また、事前に費用が把握できるので無駄な出費についても抑えることができるでしょう。逝去後は、気も動転しています。時間も限られた中、故人や家族の思うような家族葬を考える余裕がない場合もあります。遺影用写真を準備しておくことも大切です。

打合せしておきたいこととしては、さまざまな事柄があります。生前誰に合わせたいか、臨終の際に知らせたい人のリスト、参列者の人数、家族葬の宗教的な形式、執り行う場所、喪主、香典についてなど多岐にわたります。ひとつひとつ気持ちを込めて決定していくことによって、後悔のない家族葬にしたいものです。本人と事前に話すのは困難な場合も、家族で打ち合わせておくことは大切です。やるべきことがわかっていれば、いざという時、慌てず落ち着いて行動できます。

葬儀社を事前に決めておくことも大切です。数社に見積もりを出してもらい、内容や金額を確認します。 ホームページなどだけでは、個々の家族葬の料金や内容・雰囲気は分からないことも多いです。家族葬に力を入れてある葬儀社もあるので、実際電話をしてみたり、直接担当者と話してみてよく検討しましょう。不明点などは事前に納得するまで確認し、親身に相談にのってくれる葬儀社へ依頼すると良いでしょう。

家族葬は二度とやり直しの効かない大切な儀礼です。よく内容を吟味、検討して後悔のないように信頼できる葬儀社に依頼しましょう。