家族葬が選ばれる理由

家族葬とは、少子高齢化社会や核家族化が進行するにつれて増加傾向にある葬儀です。一般的な葬儀の場合、逝去の時から、通夜、葬儀、告別式まで、慌ただしいことが多いため、忙しいうちにすべてが終わってしまいさみしい思いをしり、故人との心穏やかな別れができなかったという遺族も多いのが現実です。家族葬は、参列者に気を遣う負担も少なくなり、気心の知れた者で行うことができるので、思い出話などで故人を偲びつつ家族との時間をゆっくりと取れます。

近年、故人が高齢で周囲との付き合いや組織との関わりも減り、参列できる友人や知人が少ない場合も少なくありません。また、近所づきあいが乏しいような家庭も増えています。その結果、参列人数の減少によって葬儀は小規模になってきている傾向があります。生前に自身の式は質素にしてほしい。家族だけで静かに見送ってほしい、といった遺志表示をされている方も増え、現代の価値観や生活環境が反映されていると言える家族葬が多く選ばれている傾向です。人付き合いの希薄化から、その予定でなくても、最終的に家族葬になることもあります。

費用の面では、参列人数が少ないため、会場費や宿泊代、食事代や香典返し代が抑えられます。また葬儀内容ごとにかかる費用をはっきりさせることができるので透明性がある、などのメリットがあります。

近親者のみで行うため、故人や家族の気持ちを反映した比較的自由な葬儀を行うこともできます。昔ながらの慣例や伝統文化は大事にしながら、現代の事情を踏まえた自分たちに合うベストな形を選択できるので、家族葬が多く選ばれるのでしょう。