家族葬での注意点

家族葬では、いくつかの注意点があります。特に注意が必要なのは、遺族のみで行う家族葬を選択した場合です。親族への事前連絡を行わなかった場合、なぜ呼んでくれなかったのかいった指摘を受ける可能性があるのです。故人の人間関係は、遺族中心とはいえ、遺族のみで家族葬を執り行われた場合、縁があった方は、参列したかったと思われる可能性もあります。たった一度の大切な家族葬ですから、誰からの不満もなく終わりたいものです。

家族葬が故人の遺志であっても、なぜ知らせてくれなかったと訴えられる可能性があります。また、後日知らなかとお参りに来られる可能性もあります。町内会の人々に知らせないのはおかしいなどの苦情が来る場合もあります。そういったことを防ぐために、家族葬を行う前は、親族には事前に連絡を入れ、遺族や親族のみで執り行うことをしっかりと説明しておく必要があります。

親族の以外に、故人の友人や知人の連絡先をリストにしておくことも大切です。誰に連絡をすべきかをはっきりさせておきましょう。友人や知人の連絡先は、本人しか知らないことも多く、また、優先順位もわかりにくいものです。本人に万が一のことがあった場合、名簿がなければ連絡することができません。名簿作成は手間のかかる作業ですが、混乱を防ぐため作成しておきましょう。

家族葬にもさまざまな選択肢があります。どの選択するのか、どんな家族葬にするのか。その家族によって様々です。しっかりと話し合っって後悔のないようにしましょう。